高卒でWebライターにはなれる【具体的な方法を解説】

高卒でライター活動は可能。フリーも目指せる。【方法を解説】

書くことが好きなので、Webメディアなどでライター活動をしてみたい。高卒の学歴だけど、不利になる面とかってある?

この記事では、高卒でWebライターを目指していている人向けに「学歴は関係あるのか?」「高卒でもキャリアを作ることができるのか?」などの疑問について詳しくまとめました。

僕自身は、最終学歴が高卒で会社員を経験後、フリーランスとして独立。Webメディアのライターとして活動していた時期もありました。現在は、Webメディアを運営する会社を経営しており、ライターさんに仕事を発注する立場にいるので経験談も踏まえて「高卒Webライター」に関して詳しくお伝えできるかなと。

この記事を書いている人
  • 最終学歴高卒のWebライター経験者
  • 会社員経験後、フリーランスとして2年ほど活動
  • 現在はWebメディアを運営する会社を経営し、ライターへ仕事を発注

高卒でWebライターを目指している方は参考にしてみて下さい。

結論:ライターに学歴は関係ない

結論から言うと、ライターに学歴は関係ありません。

理由として、次の2つが挙げられます。

理由
  • ライターに求められるスキルに学歴は関係ない
  • 需要が多い業界なので割と誰でもなれる

順に解説していきます。

ライターに求められるスキルに学歴は関係ない

Webライターになるために必要なのはライティング能力はもちろんのこと依頼された議題に対してリサーチを行い、記事を書くことが求められます。

そのスキルは大学を通して得られるスキルではなく、特に資格等も不要。そのため学歴は関係ないと言えます。

例えば、Webライターとして活動する際に求められているコンテンツに対してリサーチする能力が求められますが、大学に行っているから優位ということはありませんね。

大卒のほうが、ゼミや研究などを通して有利になることはありますが、学歴というより個人のスキルの差に近い話です。

例えば、ライティングにはこんな案件があります。

ライティング案件

映画・ドラマ / グルメ / 旅行 / ゲーム / 美容系 / 金融系 / 教育系 / ファッション

多くの人が関心のあるジャンルに対して記事コンテンツを執筆する場合に関しては、大学に行って学んだ知識が求められることはほぼないですし、Webライターの活動を通して知識を吸収していけば高卒であろうが関係なく活躍ができます。

需要が多い業界なので割と誰でもなれる

スマホでGoogleやYahooで検索して情報収集をするのが当たり前になっているなかで、コンテンツメーカー(情報を作り発信する人)は増えつつあります。

企業単位でもそうですし、個人で情報を発信しているブロガーやアフィリエイターと呼ばれる人も数多くいます。

そんな中で、求められている内容をまとめてコンテンツにできるライターの需要は一定数あるため、学歴関係なく挑戦できる職種の一つではあると思います。

ライター募集を探せば、すぐに出てくるので高卒などの学歴は特に重要視されません。それよりは、ライター経験やブログなどの執筆経験。もし、未経験なのであればしっかりとアピールする姿勢が大事です。

そのため副業として月5万円程度稼ぐのはそこまで難しくないですし、月20〜30万も十分に目指すことが可能だと言えます。

関連記事:Webライターとして月5万稼ぐ難易度は低い【方法を解説】

高度な経験や情報を求められるものは学歴が有利になる

とは言え、ライターに学歴が重要視されるケースもあります。

それは、専門分野に特化したメディアやライティング案件を行っている場合です。

例えば、以下のようなジャンル。

専門的なジャンル

医療 / 法律 / 農業 / 経済 / 工業

リサーチ能力があっても高度な知識が必要になったり、そのジャンルの知識に精通したライターのほうが有利。

このようなライティング案件は、特殊な例ではあるかなと。一部大卒が有利になるケースがあるぐらいで理解しておけば良いと思います。

学歴関係なく、高卒からWebライターになるのは簡単。

学歴関係なく、高卒からライターになる方法は、簡単。

学歴関係なく働くことってそこまで難しくはないなと僕自身は経験してきて感じています。

学歴が自分の選択肢を広げてくれるというのは少なからずあるとは思うのですが、働く業種によってはそこまで関係ありません。Webライターもその一つです。

特にIT業界は学歴よりもスキルが重要視されるので、ライターという職種も高卒だとしても十分に活躍できると思います。

Weライターはフリーランスを目指すこともできる。

Webライターを目指す上で、フリーも視野に入れる or そのままフリーで活動するにはありだと思います。

フリーランスライターで案件を自分で取り、継続的にWebライティング案件をこなせば月20万程度は軽く稼げるようになります。そこから単価を上げていくことで月30〜50万円程度は収入として伸ばすことも出来るでしょう。

理由としては、ライティング案件がたくさんあるからです。

方法は、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングに登録してライティング案件を探すとかなりの数あるので挑戦して見るだけです。

  1. クラウドソーシングに登録
  2. ライティング案件を探す
  3. 案件に応募して、依頼をこなす

最初の間は、低単価で受注する必要が少なからず出てきますが案件をこなしていく中で、メディアの専属ライターとして継続受注がもらえたり、経験に応じて単価が上げやすいので割と稼ぐまでのハードルは低いかなと。

関連記事:Webライターで月10万円稼ぐ方法【具体的な方法を解説】

大事なのは、ライティング案件に応募した時にしっかりとアピールできるかです。これさえできれば、すぐにフリーランスで活動が出来るようになると思います。

もちろん、こういった案件に学歴が大卒以上とかって書いているケースはほぼ0なので高卒がネックになることはありません。

関連記事:フリーランスライターの収入と実情【高収入を目指す方法とそのキャリア】

高卒からWebライターとして最短で結果を出し稼ぎたいのであればライティング講座を受講するのもおすすめ。Webライター養成講座は複数ありますが、フリーランスライターとして活動している方が講師を務めているライティングハックスなどを受講してみると良いでしょう。

関連記事:ライティングハックスをWebメディア経営者が評価【徹底解説】

公式サイト:スキルハックスのWebライター養成講座

まとめ:高卒からWebライターは目指せる。

Webライターは学歴関係なく慣れる職業の一つ。Webライターの活動を通して、「書く力」を身につけることでWebマーケティングに関連するSEOなどを学んでキャリアを広げたり、メディア編集者としての道も開けていきます。

僕自身の場合もWebライティングを通して、自身でWebメディアを立ち上げており、現在は10名以上のWebライターさんに仕事を発注し、キャリアアップを高卒から成功させることができています。

学歴関係なく勝負できるフィールドはありますし、Webライターはその一つかなと。

これからWebライターを目指している方はまず副業からでも良いので、月5万円・10万円を目指して行動を始めましょう!

関連記事:Webライターとして月5万稼ぐ難易度は低い【方法を解説】

関連記事:Webライターで月10万円稼ぐ方法【具体的な方法を解説】

関連記事:フリーランスWebライターの始め方を解説【メディア編集長の体験談】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です