Webライターで月10万円稼ぐ方法【具体的な方法を解説】

Webライターとして活動して月10万円をまずは稼ぎたいと思っている…。そもそも月10万円をライティング案件で稼ぐことって可能なの?

クラウドソーシングで案件数も豊富なライティング案件。Webライターは誰でも取り組みやすい副業の一つですね。本業として経験を積んでいる方だと月50〜100万円稼ぐ人もいます。

ですが、Webライター未経験の方や経験が少ない方からすると「Webライターとして月10万円って難しくない?」と思われている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Webライティング経験者で現在はWebメディアを運営し、編集者としても活動する僕が月10万円を稼ぐ方法について解説していきます。

この記事を書いている人
  • フリーランスとして独立時にWebライター経験あり
  • 複数メディアを立ち上げ、自身もライターとして活動
  • Webメディアの編集者としても現役で活動
  • 常時5〜10名のライターさんにライティング案件を依頼

Twitter(@kazushiyoshidaa

結論として未経験からWebライターとして月10万円稼ぐのはそこまで難易度は高くありません。いきなり稼げる額ではありませんが、戦略的に取り組むことで月10万円は充分に到達可能な額です。

これからWebライターとして月10万円を稼いでいきたいと考えている方は参考にしてみてください!

関連記事

月5万円稼ぐ方法はこちら

関連記事:Webライターとして月5万稼ぐ難易度は低い【方法を解説】

Webライターとして月10万円稼ぐシュミレーション

Webライターとして月10万円稼ぐシュミレーション

Webライターとして月10万円を稼ぐためにはどれくらいの作業量が必要になるかをまず解説していきます。

記事制作は文字単価をもとに基本的に報酬が決定します。実績があるWebライターであれば文字単価の高い案件を選択することが出来ますし、経験が少ない方だと低単価の案件からスタートすることになります。

そのため、月10万円を稼ぐためにはWebライターとしての実績を積みスキルを磨き、高単価な案件を受注するのが最短の方法です。

文字単価1円の場合で仮に1記事5,000円の案件で仮定すると以下の報酬を得ることができます。

文字単価1円・1記事5,000円

1記事 5,000円
10記事 50,000円
20記事 100,000円

文字単価1円でライティング案件を受注できれば、1ヶ月で約20記事執筆をし、10万円の報酬を得ることができます。

副業として取り組む方であれば平日の仕事終わりを毎日記事執筆に時間を割くか、土日で時間をガッツリ取る必要がありますね。

不可能ではないですが、月20記事書くのは結構大変なので文字単価は上げておきたいところです。

仮に文字単価2円で1記事5,000文字の案件に取り組んだ場合は以下のシュミレーションとなります。

文字単価2円・1記事5,000円

1記事 10,000円
10記事 100,000円

月に執筆する記事数が10記事で10万円を稼ぐことが出来る計算になりますね。経験・実績を積み、文字単価2円で案件を受注することで現実的な数字になってきました。

3日に1記事ペースで執筆していけば良いのでそこまで労力を書けずに取り組むことが出来ますね。

このシュミレーションから考えるにWebライターとして月10万円を達成するには文字単価を2円ほどに上げて、記事執筆に取り組むことを目標にしましょう。

Webライターとして月10万円稼ぐ方法【3つのコツ】

Webライターとして月10万円稼ぐ方法【3つのコツ】

シュミレーションで見てきましたが、ここではWebライターとして月10万円を稼ぐための3つのコツについて解説していきます。

3つのコツ
  1. 文字単価が高い案件を受注する
  2. 直接提携できる案件を探す
  3. 継続案件を増やす

僕自身の経験も踏まえて解説しているので参考にしてみて下さい。

①文字単価が高い案件を受注する

Webライターとして月10万円を目指すならシュミレーションでもお伝えしたとおり、文字単価を上げる必要があります。

記事執筆数(量)をこなして月10万円を稼ぐのは不可能ではありませんが、かなり大変ですし、副業の方であれば現実的ではありません。

そのため、文字単価が高い案件を選択肢しましょう。その際に必要なのは次の点です。

ポイント
  • 実績・経験を積む
  • Webライティングのスキルを上げる
  • 専門領域を作る

実績・経験を積む

ランサーズやクラウドワークスなどのサービスを利用してライティング案件に取り組んでいるとクライアントから評価をもらえるようになります。

実績や評価がある状態だと文字単価が高い案件を受注しやすくなるので、クライアントからいい評価をもらえるように経験を積んでいきましょう。

Webライティングのスキルを上げる

実績、経験とともにWebライティングのスキルを上げていきましょう。記事執筆だけでなく、普段何気なく読んでいるメディア記事を「どのような構成で書かれているのか?」「どのような表現を使っているか?」など見てみると良いでしょう。

それ以外にもSEOライティングなどの知識を身につけると文字単価が上げやすくなります。

専門領域を作る

Webライターとして活動するのであれば専門領域を作っておくと良いでしょう。

例えば「英語学習法に詳しい(英語留学経験がある)」「韓国滞在歴が長く、韓国情報に詳しい」「人事担当者でキャリアに関して詳しい」などの特定のジャンルで他のライターと比較して詳しいのであればそれは武器になります。

上記はあくまで例で、好きな分野があればそれをPRすることで単価を上げていくことが可能です。

②直接提携できる案件を探す

ランサーズやクラウドワークスなどのサービスは案件数が豊富でWebライター未経験が始めやすいメリットがある反面、手数料が取られたり、低単価が案件が多いというデメリットもあります。

そこで取り組みたいのは企業との直接提携です。

Webメディアを運営している個人・企業でライター募集をしているサイトを探し、クラウドソーシング経由ではなく直接応募をする方法。

これであれば、クラウドソーシングで取られる仲介料なく、好条件で案件を開始することもできます。

「分野名+ライター募集」と検索するとライター募集をしているサイトがヒットするので、専門領域・得意ジャンルのサイトを探してみると良いでしょう。

③継続案件を増やす

毎月コンスタントに月10万円を稼ぐとなると継続して案件をもらうことも心がけましょう。

単発案件ばかりだと「先月は月10万円を達成したけど、今月は月5万円しか稼げなかった…」なんてことも。これだと不安定なので、継続して案件を受注できる状態を作っておくのがおすすめ。

クラウドソーシング、直接提携で継続的に仕事依頼があるかを確認しておくのは大事なポイントです。

Webライターで月収10万円を超えるために読んでおきたい本【3選】

Webライターで月収10万円を超えるために読んでおきたい本【3選】

Webライターとして月10万円、15万円と収入を上げていくのであればライティング知識を上げていく必要があります。

ここでは最低限読んでおくべき本を紹介します。

おすすめ本
  • 沈黙のWebライティング
  • 人を操る禁断の文章術
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義

僕自身も実際に読んで参考になった本です。知識に自己投資をすることで最短で収入を上げていくことができるので読んでおいて損はないはずです。

沈黙のWebライティング

Webライティングスキルを考えて記事執筆が出来るWebライターは優秀なライターです。

僕自身がWebメディアを運営していてライターさんの記事を確認していただく際に意外にも「Webライティング」が分かっていない方が意外と多いなと感じています。

Webメディアの場合、Google・Yahooなどの検索エンジンで上位表示がされて初めてコンテンツが読まれることがほとんど。そのため、Webライティングを理解して記事を書いてくれるライターはかなり価値が高いのです。

そのためにSEOライティングが必要なのですが、この一冊で本質的な知識を身につけることができるため読んでおくことをおすすめします。

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGoさん著者の「人を操る禁断の文章術」。

相手の心理を先回りした書き方のテクニックについて解説されていて、このテクニックを正しく使えるようになればライティングに活きるかなと思います。

セールスライティングが求められる記事執筆で使えるスキルを学べるため、ライターとして覚えておくと良いでしょう。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義では、文章の型について学べる1冊。

イメージとしてはスポーツの「型(フォーム)」を意識するとわかりやすく、野球やサッカー、柔道、剣道など型が存在し、それを学んだ上で試合に望みますよね。いきなり試合をしても結果を出すことは難しいでしょう。

文章の場合も同じくで、まずは正しい型を学び、その型の通りに書いてみて徐々に文章力が上がっていきます。

僕も最初の間は文章を書き出して「途中で何を書いているのかわからなくなる」という経験があり、ライティングに苦労したのですがこの本を読んでから取り組み方が変わりました。

本書を読んで文章の型をマスターしましょう。

まとめ:Webライターで月10万円稼げたら20万円も到達可能

Webライターで月10万円を稼ぐには実績・経験を積み、スキルを磨くことで十分に到達可能なラインです。

量をこなして稼ぐのではなく、スキルを身に着けて質で勝負できるライターを目指していくと良いですね。まずは次のポイントを抑えて活動していきましょう。

月10万円を稼ぐためのポイント
  • 文字単価が高い案件を受注できるように活動する
  • 直接提携できる案件を探し、好条件を得られるようにする
  • 継続案件を増やしてコンスタントに案件をもらえるようにする

また、最短でWebライターとして活躍できるスキルや収入を上げる方法を知りたいのであればWebライター養成講座に参加するのもありかなと。

Webライターとして活動して経験を積むのもありですが、月100万円超えのライターから直接学べる養成講座に参加することで月10万円、月20万円の収入を最速で目指すことができます。

自己投資は結果を出すのに必要なことなので、Webライターとして収入を上げたいと考えている方は以下の講座なども参考にしてみて下さい。

公式サイト:スキルハックスのライティング講座

関連記事:ライティングハックスをWebメディア経営者が評価【徹底解説】

関連記事:フリーランスWebライターの始め方を解説【メディア編集長の体験談】