Webライターとして月5万稼ぐ難易度は低い【方法を解説】

Webライターとして月5万稼ぐ難易度は低い【方法を解説】

Webライターとして月5万円ほど副収入を得たいと考えているけど可能?未経験から月3万円、5万円と副収入を増やしていきたい。

副業として取り組みやすいWebライティング案件ですが、未経験の方であれば「何から始めたら良いかわからない…」という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、未経験ライターが月3万円、5万円と収入を上げていく方法をステップごとに解説していきます。

僕自身は、フリーランスとして独立した際にWebライターとしての活動経験があります、現在は複数のWebメディアを運営し、Webライターの方にライティングの仕事を発注する側をしています。

この記事を書いている人
  • フリーランスとして独立時にWebライター経験あり
  • 複数メディアを立ち上げ、自身もライターとして活動
  • Webメディアの編集者としても現役で活動
  • 常時5〜10名のライターさんにライティング案件を依頼

Twitter(@kazushiyoshidaa

Webライターとしての経験もあり、現在は仕事を発注する側にいる僕がWebライターとして月5万円を稼ぐ方法をまとめたので本質的なことをお伝えできるかなと。これからWebライターとして活動を始める方はきっと役に立つはずです。

未経験から月5万円をWebライティングで稼ぐのは簡単

未経験から月5万円をWebライティングで稼ぐのは簡単

まず初めにお伝えしておきたいのは、月5万円をWebライターとして稼ぐのは簡単です。未経験から始める方でもです。

理由として、クラウドソーシングサイトに登録することで未経験でも取り組めるWebライティング案件は豊富にあるからです。

僕のような小規模の会社がメディア記事の執筆を依頼するケースから大手メディアがクラウドソーシングサービスを通して案件を作成しています。そのため、Webライターを探しているため未経験の方でも割と簡単に案件を見つけることができ、受注することが可能。

未経験から月3万円、月5万円と副収入を上げていくことはできるため、初めての副業に最適だと言えます。

Webライターが月5万円を稼ぐシュミレーションを解説

Webライターが月5万円を稼ぐシュミレーションを解説

Webライターとして具体的にどれぐらい作業をすれば月5万円の副収入を得られるかは気になるポイントですよね。

Webライターとして活動するのであればまず「文字単価」について理解をしていきましょう。

ライティング案件は記事に対して報酬が決まりますが、文字単価が設定されていることがほとんど。1文字1円という単価で3,000文字の記事を書けば3,000円の報酬となり、5,000文字の記事であれば5,000円という形ですね。

Webライターとして大きく稼げている人はこの文字単価が高くなっていくため、経験を積んでいくことで収入を上げていくことも可能。

ここではまず未経験ライターが月3万円、月5万円稼ぐ場合でシュミレーションをしてみました。

月3万円をWebライティングで稼ぐ場合

未経験ライターの場合、文字単価は低いものからスタートしていくことになります。

発注側も未経験者にいきなり高単価で発注は出来ないのは理解できますよね。経験者であればある程度、質の担保が出来るため安心して発注が出来ますが、未経験であれば低単価ところからまずは実績を上げていきましょう。

ここでは文字単価0.5円で1記事3,000文字の記事を受注したとして仮定します。

文字単価0.5円×3,000文字

1記事 1,500円
10記事 15,000円
20記事 30,000円

20記事執筆をしてやっと月3万円を稼ぐことが可能。3,000文字は原稿用紙7.5枚分なので慣れていないと時間はかなり取られます。

そのため、1ヶ月20記事書き続けるのは最初のうちはかなり大変ではありますね。まずは1ヶ月目は余裕を持って5〜10記事程度に取り組んでみると良いでしょう。

また、1記事執筆に対する文字数を5,000文字の案件を受注できれば記事数としては減らすことができるため多少は楽になります。

少し大変ではありますが、未経験の場合は案件を受注する際に提示できるポートフォリオ(実績)をまずは作るのが大事です。クラウドソーシングサービスを使う場合は発注者からの評価を集めることも必要になりますね。

月5万円をライティングで稼ぐ場合

月3万円をまず達成したら月5万円を目指していきましょう。このときのポイントとしてはWebライティングに慣れてきていて、ライティングの実績を提示できる状態がベストです。

この段階では最低の文字単価を1円ぐらいにして挑戦してみると良いでしょう。発注者側の目線としても文字単価1円は決して高い金額ではないため、そこまで難易度は高くありません。

Webメディアの記事執筆経験があれば受注することは出来るでしょう。月5万円稼ぐためには文字単価を上げることは必須事項です。

ここでも月5万円を稼ぐために文字単価1円で1記事3,000文字を受注したと想定しましょう。

文字単価1円×3,000文字

1記事 3,000円
10記事 30,000円
15記事 45,000円
20記事 30,000円

約17記事を書くことが出来れば月5万円は達成できるというのが分かりましたね。

文字単価を上げるだけで月3万円稼ぐときよりも記事数少なく収入を上げることができ流刑サインになります。

またここでは3,000文字でシュミレーションをしているため、文字数が多い案件であればもう少し記事数自体は少なくなります。

月で15〜17記事を執筆するのは2日に1記事ペースなので、作業量としては少なくないため本業がある方だと少し大変ではありますね。

案件選び等も上手く取り組んでみると良いでしょう。

Webライターとして月5万円稼ぐ4ステップ

Webライターとして月5万円稼ぐ4ステップ

Webライターとして月5万円を稼ぐためのシュミレーションについて解説していきましたが、ここでは具体的なステップについて解説していきます。

月5万円稼ぐ4ステップ
  1. Webライターとしての仕事環境を作る
  2. Webライティングの最低限の知識を身につける
  3. クラウドソーシングに登録し、提案・受注
  4. 実績をもとにライティングの幅を広げる

月5万円の副収入をライティング案件で得るために順にチェックしていきましょう。

ステップ①Webライターとしての仕事環境を作る

ステップ①Webライターとしての仕事環境を作る

まずはWebライターとして活動するための環境を整えましょう。僕が運営しているメディアの募集で「スマホでライティング案件は出来ますか?」と質問してくる人がたまにいるのですが、ノートパソコンは最低限用意することをおすすめします。

スマホでのライティングは出来なくはないですが、ノートパソコンの方が圧倒的に書きやすいですし、リサーチ作業も求められるライティングにスマホだけで取り組むのは無理があります。

そのため、ノートパソコンの準備は必須です。

ゆくゆくのことを考えるとある程度スペックの高いノートパソコンを最初から購入するのもありかなと。僕はMacbook Proを愛用しています。

予算が厳しいのであれば整備済み・中古PCなどで3万円台でも型落ちした割と良いPCがアマゾン等で売っているのでそれでも良いと思います。1ヶ月継続して頑張れば月3万円はWebライティング案件で回収できます。

ステップ②Webライティングの最低限の知識を身につける

ステップ②Webライティングの最低限の知識を身につける

Webライターとしてすぐにライティングの案件に取り組むのもありですが、最低限の基礎知識は身に付けることをおすすめします。

発注者側としては執筆した記事の編集作業を最低限少なくしたいため、ある程度のクオリティは求めています。いきなり取り組んで発注者側の評価が下がるのは得策ではありません。

そのため、Webライターとして最低限以下の2つはチェックしておきましょう。

  1. Webメディアの記事をライターの視点で見てみる
  2. Webライター向けの本を読む

Webメディアの記事をライターの視点で見てみる

「いきなり基礎知識と言われても…」と思うかも知れないので、日常生活で見かけるWebメディアの記事をライターの視点で見てみましょう。

普段何気なく見ている情報は、誰かしらが執筆した記事なのです。

例えば以下のような視点でチェックをしておくと良いでしょう。

  • 書き出しはどう書いているのか?
  • 記事構成(見出し)はどうなっているか?
  • どのような表現を使っているのか? etc…

これを意識的にやるだけでも自分がライティングを行う際にきっと役立つはずです。

Webライター向けの本を読む

基礎知識をつけるのに手っ取り早いのは、Webライター向けに書かれた本を読むこと。最低限必要な知識を知ることができます。

まず基礎知識という意味ですと「1時間でわかる Webライティング」を読んでみると良いかなと。Webライティングに必要な知識を知ることができます。

もう少し専門的なところまで知識として身に付けておくとクライアントからの評価も高くなりやすいので「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」もおすすめです。


この本は僕がWebライターから自分でメディアを立ち上げる際にかなり役立った本です。マーケティングの勉強になるため読んでおいて損はないでしょう。

ステップ③クラウドソーシングに登録し、提案・受注

ステップ③クラウドソーシングに登録し、提案・受注

Webライターとして活動するための環境と最低限の知識が身についたら案件を探してライティングに取り組んでいきましょう。

クラウドソーシングはWeb関連の仕事を掲載する求人サイトのようなもの。「仕事を探している人」と「仕事をお願いしたい人」をマッチング・仲介する役割を持っています。

Webライターとして活動するのであれば、「ランサーズ」と「クラウドワークス」に登録しておけばいいでしょう。いずれも登録料は掛かりません。

ただし、仕事を受注して報酬を受け取る際にクラウドソーシングサービスから仲介手数料が差し引かれます。未経験の間は、人脈も実績もないケースがほとんどだと思うので、クラウドソーシングで掛かる仲介手数料に関してはしょうがいないと割り切りましょう。

ランサーズとクラウドワークスどちらが良い?

クラウドソーシングを使う際にランサーズとクラウドワークスどちらが良いか質問されることがありますが、正直大差ありません。

まずは登録して使い勝手の良い方を選ぶと良いでしょう。

クラウドソーシングに登録した後は仕事を探して応募をしていきます。この際のポイントとしては、自分の詳しい分野を選ぶことです。

全く知らない分野のライティングだと苦戦する可能性があるため、前提知識もある分野を選びましょう。

具体例
  • 英語が話せるなら「英語学習系」の記事制作
  • 筋トレ好きなら「トレーニング・ダイエット系」の記事制作
  • 韓国好きなら「韓国ファッション・トレンド系」の記事制作

僕がWebライターとして活動を始めた一番最初は語学留学の経験があったため英語学習のライティングを最初に取り組みました。

実績がなくてもその分野に詳しいことをアピールできれば案件は受注しやすくなりますね。最初の間は中々、案件を受注できないことがあるかも知れませんがとにかく提案しましょう。

10件、20件と仕事をこなしていけばコツが掴めるはずです。

ステップ④実績をもとにライティングの幅を広げる

ステップ④実績をもとにライティングの幅を広げる

案件を受注できたら、まずは精一杯ライティングをしましょう。数記事書いてくると記事執筆に慣れてきますし、その過程で意識しながらWebメディアの記事を読んでみると新たな気づきもあるでしょう。

実績を積むことができれば、継続的にライティング案件を発注してくれる企業と出会えることも出来るかも知れません。

またそこで積み上げた実績は新たな案件の提案の際に実績として伝えることも出来ますね。

最初の間は3,000文字書いても1,000〜1,500円しか貰えないこともあるかもしれませんが、まずはコツコツ実績を積んで評価を上げていきましょう。そうすることで文字単価を上げることができます。

記事執筆数が増えて実績が上がってきたら単価の高い案件も狙いつつ、活動することで月3万円、月5万円と収入は増やしていくことが可能です。

まとめ:未経験からWebライターとして月3〜5万円稼ぐのは簡単

この記事では、未経験からWebライターとして月3万円、月5万円と稼いでいく方法について解説してきました。

本気で取り組めば最短1〜2ヶ月で月3〜5万円は稼ぐことが可能。初心者向けの案件は豊富にあるので、まずは経験を積むことだ大事。慣れていくうちにコツも掴めてきます。

まずは、5件、10件とライティング案件に取り組んでいきましょう。

またWebライターとしてゆくゆくは月10万円、月20万円と収入を上げていきたいと考えている方もいるでしょう。その場合は、行動量も重要ですが、最短でその目標を達成するためにしっかりとライティングの知識、Webライターとして必要なスキルを身につけるのが大事。

Webライターとして月収100万円を達成している講師から学べるライティング講座などもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

公式サイト:スキルハックスのライティング講座

関連記事:ライティングハックスをWebメディア経営者が評価【徹底解説】

まずはこの記事を参考にしてWebライターとしての活動を始めてみてください。

関連記事:フリーランスWebライターの始め方を解説【メディア編集長の体験談】