ライティングハックスをWebメディア経営者が評価【徹底解説】

ライティングハックスをWebメディア経営者が評価【徹底解説】

Webライターとしてスキルを上げていきたいと思ってライティングハックスという講座を見つけたけど、内容とかってどうなのかな…?有料講座なので慎重に選びたいな!

「Webライターとしてのスキルを上げたい」「Webライターとしてこれから活動したいと思っている」という方でスキルを磨くためにライティングが学べる講座を探している人もいますよね。

この記事では、ライティング講座のWriting Hacks(ライティングハックス)について徹底調査をしてまとめました!

僕自身はWebメディア会社の代表をしており、複数のWebライターさんを採用する側にいます。僕自身もWebライターとして一時期活動していた経験もあり、そこから自社メディア経由で月400万円ほどの売上を上げている経験者のためかなり本質的なことをお伝えできるかなと思います。

記事を書いている人
  • 自社メディア事業で月400万円の売上
  • Webライターさん7〜10名に随時案件を発注
  • Webメディア編集者としても現役で活動中
  • 自社メディアのライティングも現役で執筆

「ライターを採用する立場」の目線からWriting Hacks(ライティングハックス)がライティング講座としておすすめできるかを詳しくまとめてみたので、これから受講をしようと思っている方は参考にしてみてください。

ライティング講座「ライティングハックス」とは?

ライティング講座「ライティングハックス」とは?

Writing Hacks(ライティングハックス)は株式会社スキルハックスが運営するライティング講座。

プログラミングからデザインなど様々な講座を提供している中で、ライティングスキルを身に付けたい方をサポートするオンライン講座になっています。

運営会社 スキルハックス株式会社
講師名 沖ケイタ、原千明、辻川倖平(ワカジツ)
受講料金 定価69,800円
内容 77本の動画講義とLINEでの無制限質問サポート

運営会社のスキルハックスは、ツイッター上のビジネスインフルエンサーとしても有名な迫佑樹(@yuki_99_s)さんが経営する会社。

「個人が稼ぐスキル」を支援するオンラインスクールで、延べ1万人が講座を受講している実績の高いスクールです。

Writing Hacks(ライティングハックス)徹底解剖【3つの特徴】

Writing Hacks(ライティングハックス)徹底解剖【3つの特徴】

Writing Hacks(ライティングハックス)の講座概要を前述しましたが、「実際にプログラムはどうなの?」と知りたい内容は多いですよね。

具体的なプログラムの特徴を3つピックアップして紹介していきます。

ライティングハックスの特徴
  1. ライティングハックスには優秀なWebライター講師が在籍
  2. 即戦力Webライターを目指せるライティングハックスの講座内容
  3. 安心のライティングハックス受講生特典

ライティングハックスの受講を検討する上でチェックしておくべき点ですので、順に見ていきましょう。

ライティングハックスには優秀なWebライター講師が在籍

ライティングハックスには優秀なWebライター講師が在籍

ライティングハックスにはWebライターとして知名度の高い3名の講師が在籍しています。

在籍講師
  • 沖ケイタさん:株式会社沖プロ代表
  • 原千晶さん:現役ライター、ディレクター
  • 辻川倖平さん:現役ライター、ディレクター

僕自身も自社メディア運営を通して、Webライターさんと関わることが多いのですが、沖ケイタさん(@namakemono0309)に関してはツイッター上で知っている人の一人でした。

ブロガーとしても経験豊富でライターの編集プロダクションを運営するWebライターとしてはトップに居る人とっても良いでしょう。

他2名の方はライティングハックスの講座経由で知ったので、正直存じ上げないですが、沖プロでの経験豊富なライターさんみたいですね。

Webライター講座はネットで検索すると様々な運営者が講座を開講しているのですが、「講師が誰かわからない」「実績があるのかわからない」というのも多々あります。

その点、ライティングハックスは実績の公開している講師が講座を担当してくれるのはありがたいですね。Webライターとして活躍するコツを経験者が知れる講座と言えます。

即戦力Webライターを目指せるライティングハックスの講座内容

即戦力Webライターを目指せるライティングハックスの講座内容

ライティングハックスのWebライター養成講座は、完全オンライン。自分のペースで学べるコンテンツになっています。

動画で収録された講座で全77本。動画を読み進めて、Webライターとして必須のスキルを学んでいくことができます。

第0章
はじめに(動画2本)
第1章
クライアントから求められるライターとは?(動画5本)
第2章
記事タイトルの付け方(動画5本)
第3章
リード文の書き方(動画6本)
第4章
見出しの書き方(動画5本)
第5章
Webで文章を書くときに意識すること(動画10本)
第6章
SEO基礎講座(動画7本)
第7章
SEO実践講座(動画1本)
第8章
仕事の取り方単価交渉の仕方(動画12本)
第9章
リライト案件の受け方(動画4本)
第10章
取材記事の執筆方法(動画6本)
第11章
執筆を最速&高品質でこなす方法(動画9本)
第12章
仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方(動画9本)

僕はWebライターを採用する立場にいて、編集者としても活動しているのですが、「スキルが高いWebライター」もいれば、「基礎スキルを全く理解していないWebライター」にも遭遇します。

編集者としてライティングを発注する際に、ライターの経験はかなりシビアに見ています。テストライティングで基礎知識がまったくなく、スキルがないライターは編集者としての作業ボリュームが増えるため、数記事で案件を終了させていただくかたも一定数います。

ライティングを発注している立場からするとライティングの知識がないWebライターに価値はありません。

ライティングハックスではWebライターとして活動するために必須の知識を網羅的に詳しくわかりやすく解説しているのでその観点からみて受講する価値はあるかなと。

また、Webライターとして収入を上げていきたいのであれば単価アップは必須。そのためのライティング方法も解説しているのでじっくりと勉強してみると良いでしょう。

動画講義だけでなく、講師からLINE@による無制限サポートもしているので初心者の方でも安心して受講できる講座だと思います。

安心のライティングハックス受講生特典

安心のライティングハックス受講生特典

ライティングハックスでは、以下の4つの受講生特典を用意しています。

受講者特典
  1. 計3回の添削サービス
  2. ライティングハックス卒業名簿ページへの掲載
  3. 卒業生限定グループにて仕事の共有
  4. より優秀な卒業生は沖プロに招待

講義だけでなく、現役のWebライター・編集者にあなたの書いた記事を添削してもらことができるため、客観的な視点からアドバイスをもらうことができます。

また、ライティングハックスの卒業生として卒業名簿ページへの掲載がされるため、営業活動の際のPRとしても活用することができますね。

それだけでなく、卒業生限定グループで仕事を受注できたり、より優秀な卒業生は沖プロに招待され高単価案件を受けることも可能です。

他社のWebライター養成講座は講座だけで、案件共有等もないところもあるので仕事に繋がるWebライター講座はライティングハックスを受講するメリットと言えるでしょう。

Writing Hacks(ライティングハックス)の受講料金

Writing Hacks(ライティングハックス)の受講料金

ライティングハックスを受講する上で料金も気になるポイントですよね。ここでは料金について他社比較も含めてまとめました。

自己投資をする上で価値があるかを見極める上でもチェックしていきましょう。

ライティングハックスの受講料金

ライティングハックスの料金は一括購入で69,800円。前述していますが、動画講義がメインの講座です。

受講料金 定価69,800円
内容 77本の動画講義とLINEでの無制限質問サポート

オンラインでスキルを学べる講座では個人的には高くない金額かと思います。

他社ライティング講座と受講料金の比較

「他社講座と比較したい」という方もいると思うので料金面で比較してみました。

スクール名 受講スタイル 受講料金例 期間 案件紹介
ライティングハックス 動画講義 69,800円 買い切り
質問は期間制限なし
あり
School×Work
(Hayakawa)
自習型 198,000円 6ヶ月 自社メディアでの案件あり
SHElikes レッスン型 入会金148,000円 月額14,800円 1ヶ月〜
ヒューマンアカデミー 自習型 32,000円〜 1ヶ月

知名度の高いWebライター講座をメインに比較してみましたが、料金面では他社と比較して良心的な価格だというのが分かりますね。

また、仕事の案件を共有してくれるスクールがそこまで多くないのでその点はライティングハックスがおすすめできる点だと言えます。

ライティングハックスのコスパは高い?

Webメディアを運営している僕からするとライティングハックスはコスパの高いスクールだと言えます。正直な話、未経験のWebライターであればライティング講座を受講してから案件を始めてほしいと思っています(笑)

未経験のライターの方だと記事の質が低く、ポイントが抑えられていないため編集者の立場からすると「修正指示するより自分で記事が書いたほうが早い…」ということもあるあるなんですよね。

そのため、ライティングを体系的に学んだライターのみが活動してほしいというのが本音。単価が多少高くなっても質の高い記事を納品してもらったほうが発注者側としてもメリットが大きいというのもあります。

「ライティングハックスで講座を受講していました」という方であればしっかりと勉強してきたことの証明にもなるし、優先的にライティング案件を依頼できるなと思っています。そのため、Webライティングが未経験の方であれば講座の受講はありではないかなと思います。

低単価の案件をこなすより、単価アップができるスキルを持って活動したほうが結果的にコスパが高いです。

仮に1記事5,000文字程度の記事を書く際に以下の表に文字単価が異なるとかなりの収入の開きが出てきます。

文字単価1円 文字単価1.5円 文字単価2円
1記事 5,000円 7,500円
(+2,500円)
10,000円
(+5,000円)
10記事 50,000円 75,000円
(+25,000円)
100,000円
(+25,000円)
20記事 100,000円 150,000円
(+50,000円)
200,000円
(+50,000円)

単価を上げられるスキルを身に着けてライターとして活動した方が結果的に稼げるので、69,800円は自己投資としては妥当な値段だと個人的には思います。

Writing Hacks(ライティングハックス)の口コミ・評判

Writing Hacks(ライティングハックス)の口コミ・評判

ライティングハックスについて情報や料金などを詳しくまとめてきましたが、実際に受講している方の口コミや評判も気になるポイントですよね。

SNSなどを含めてリサーチしてみたので実際の受講生の声も見ていきましょう。

ライティングハックスの質問サポートは購入後半年しても活用可能。ライティング活動での質問を気軽にできる環境は他の講座にはない魅力です。

SNSを見てみるとライティング講座受講して活動しているWebライターさんが多いのでその点安心できるポイントかなと思います。Webライター講座自体は数多くありますが、口コミ等少ない所も多い印象です。

ライティングハックスの特徴は買いきりな点。あとから何度も見直ししてスキルアップができるのは他の講座にはない点ですね。

SNSで調査をしてみると特にライティングハックスについて悪い口コミはありませんでした。受講生の方がライティングハックスについてツイートしていたりするので受講生も多く、信頼もおけるスクールなのではないかなと思います。

Writing Hacks(ライティングハックス)の受講がおすすめな人

Writing Hacks(ライティングハックス)の受講がおすすめな人

ライティングハックスについて様々な情報をまとめてきましたが、受講がおすすめな人は次のような人です。

  • Webライターとして単価を上げて活動をしたい
  • ライターとして活動をしているがスキルに不安がある
  • ライターとして将来的には月100万円を超えたい

Webライターは文字単価が低く、月に数万円から稼げない人もいれば経験を積んで月20万、40万円と専業ライターとして活躍する方、月100万円を超えている人もいます。

その差はクライアント(発注者側)の意図を理解し、質の高い記事を納品できるか?です。

Webライターの誰もが未経験からのスタート。いきなりクラウドソーシングで活動しながら経験を積むのも良いですが、スキルを磨いて高単価で受注ができる経験を早くに積んだほうが収入は上げやすいです。

ライティングハックスは副業、専業に関わらずWebライターとして単価を上げて収入を得たい人におすすめのライティング講座だと思います。

Writing Hacks(ライティングハックス)のよくある質問

Writing Hacks(ライティングハックス)のよくある質問

ライティングハックスを入会する前に気になる質問もまとめました!

返金保証はあるか?

買い切り型の商品のため、返金保証はないようです。
ライティングを学ぶ意志を持って申込みをしましょう。

挫折しそうになったらどうすればいいか?

LINEでサポートがあるので素直に相談してみるといいでしょう。また、ツイッター上にはライティングハックスを受講生しているツイートを見かけたりするのでフォローしたり、勉強報告をツイッターでする等して勉強するのもおすすめです。

入会前に講座の内容知りたい

ライティングハックスの公式サイトにサンプル動画があるのでまずはどれをチェックしてみると良いでしょう。

ブログハックスとライティングハックスどちらがおすすめ?

スキルハックスでは、ブログハックスとライティングハックスの2つ講座があります。

  • ブログハックス:ブログ専門で伸ばしたい方向け
  • ライティングハックス:ブログ、SEOにも役立つライター向け

Webライターとしての活動をメインでするのであればライティングハックス、自分のブログを伸ばしたいならブログハックスという形になります。

公式サイト:ブログハックス

ライティングハックスで稼げるようになる?

受講しただけで稼げるようになるわけではありません。動画講義を通じて正しくインプット、そしてライティング練習をしていけばもちろん可能。

優秀なライターは優先的に仕事を紹介してもらうことも出来るため、初心者にはおすすめできる講座だと思います。

Writing Hacks(ライティングハックス)の運営会社

 

運営会社 スキルハックス株式会社
代表取締役 迫 佑樹
設立日 2018年10月25日
所在地 本店 東京都港区六本木3-4-3 コープ野村六本木1-305号室
関西支店 滋賀県草津市矢倉一丁目3番55-15 コラールJ1 104号室
主な事業内容 教育、広告宣伝
役員 代表取締役 迫 佑樹
取締役 音石 朋恵

最後に:ライティングスキルを上げるなら受講はおすすめ!

この記事では、ライティングハックスについてまとめてきましたが、未経験のWebライターであれば短期間で集中的に学んでライターとしてのスキルを上げて活動するには最適な講座かなと思います。

自己投資としてライティングを身につけることで収入を上げていくことができますし、低単価で案件を受け続けるよりは講座を受講したほうが結果的にコスパは高いかなと。

講師をやられている方もWebライターとして月収100万円を超えていますし、その道のプロから学べるのはとても良い環境だと思います。

最終的にはWebライター以外にも自身のブログで収入を伸ばすために役立つスキルでもありますし、即戦力Webライターを目指している方は受講を検討してみると良いでしょう。